なりたい血液型・なりたくない血液型のはなし


 

バケネコが小さかった頃…

それは聖子ちゃんカットが流行ってた時代であります(´・ω・`)

 

 

そんなばあばたちの会話で気になった言葉

 

 

 

 

 

 

最近では出産時にちゃんと調べてもらえますが

昔は「不明」の子けっこういたの。

 

 

 

 

なぜ私と従兄くんが「B型」に憧れているかというと

 

 

 

 

 

従兄くんのお父さんも、私のお父さんもB型。

それだけでなく、父方親族はみんなB型!!!

 

その仲間に入りたい!!!

 

と思っていたのであります。

 

 

しかもばあばから

 

  • A型は几帳面で神経質
  • B型は器用でマイペース
  • O型は大らかで大雑把
  • AB型は頭がイイ変人

 

と聞かされていたので…

 

 

さらにB型への憧れが増すばかり。

 

「早く血液型が知りたい!」

とばあばにおねだり。

 

 

 

 

まずは従兄くんから。

 

 

 

 

従兄くんに

「大丈夫だよ」

となだめられながら私も耳たぶにチクリ!

 

 

そして結果発表。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭が真っ白になった…

 

 

 

 

ばあばに

「バケネコちゃん、両手ついて落ち込むんだも~ん」

としばらく笑いの種にされたという切ない想い出。

 

 

 

で、なぜ今回この話を描いたのかというと

先日ツインズ2号と話してたら

 

 

 

と言われて喜んで聞いたら

 

 

 

 

いよいよ娘にも言われるようになったぞ!

と幼き日の私に言いたくて描いたのであります。