バトン教室の生徒たちに乳癌をカミングアウトしてから1年経ったはなし


 

私のバトン教室ではクラス別にレッスンしていますが

コンテストに出場するメンバーのみで集まるレッスンが週に一度あります

 

 

もうすぐ県内のバトンチームが集まるイベントがあるので

今はそれに向けて練習中

 

 

私のチームは毎年変な振付で出演しているので

今回の練習も楽しかった

 

 

で、ふと思い出した

 

 

 

 

この子たちに乳癌を告げた日だった

 

私は手術と治療が始まるから

いつもとは違った練習スタイルになるかもしれないけど

みんなが無事に大会出演できるようにするから心配しないで

という事を伝えるためのカミングアウト

 

 

 

 

 

ツインズは家で乳癌を伝えた時にポロッと涙を流したきり

普通に過ごしてたんだけどね

 

こみ上げてきちゃったのかな…

 

 

 

 

 

その後私は親御さんへの説明のために場所移動

 

その間生徒たちには練習の続きをするように言ってたのですが…

 

 

 

 

 

 

この2週間後にあったイベントで

生徒と親御さんからプレゼントをもらいました

 

 

 

 

 

 

子どもたちが円陣を組んでいたのは

この【色紙】と【千羽鶴】を作ろうと話し合っていたからだそう

 

 

親御さんからは手作りのオオカミぬいぐるみ!

※うちのチーム名が神話に出てくるオオカミの名前なので

 

 

この12日後、左胸全摘出の為入院

勿論これらのプレゼントは…

 

 

 

 

 

この時は3週間お休みをもらいましたが

コンテストメンバーのみ集まるレッスンだけは

アシスタント主導で続行

 

クラブ創設から私ぬきでのレッスンは一度たりともなかったので

正直、心配で心配で仕方なかった

 

アシスタント

その後のはなしでは疲労困憊だったみたい(;´∀`)

 

 

退院から1週間後レッスン再開はしたけれど…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「頑張るみんなを見て元気をもらった」

とかキラキラしたやつじゃないです

 

「みんなの頑張りを無駄にしてたまるか」

という燃え上がる気持ち

 

 

今はホルモン療法(リュープリン注射+タモキシフェン)

副作用が辛いとはいえ…